誇りある国づくりへ 国を愛する新しい国民運動ネットワーク

日本の息吹[大阪版]~一人がひとりを!~ 第226号 平成31年1月号

謹賀新年

●御代替りに当たり、御即位三十年の盛り上がりを更に広げるために、実行委員会を結成、官民挙げて御即位奉祝事業の開催を!

●憲法改正国民投票勝利に向けた議員とネットワーク組織としての連絡会議をつくり、府内19小選挙区で憲法改正賛同者の拡大を!

※ 府内19小選挙区をカバーしたネットワーク、地元選出国会議員-地方議員-日本会議各支部(神社界、女性の会、防衛団体など)のネットワーク組織としての連絡会議、準備会を速やかに開催しましょう!

  • ◎各小選挙区で自衛隊ドキュメンタリーDVD「今そこにある危機と自衛隊」上映・普及運動を推進しましょう
  • ◎各小選挙区の連絡会議の設立にご協力頂ける会員の方、事務局へご一報下さい。

■天皇陛下御即位三十年奉祝記念コンサートに750名が参加

 ~「海道東征」演奏に全ての参加者が感動した~

胸高鳴るオーケストラの音響
立錐の余地がないホール内

 去る11月29日(木)夜、大阪市中央区城見のいずみホールにて、天皇陛下御即位三十年奉祝記念コンサートが開催され、参加者750名が集まった。

 御即位三十年奉祝行事としては8月中旬の「天皇陛下御即位三十年をお祝いする府民の集い」に続くもので、式典だけでなく、できるだけにクラッシック音楽を通じて天皇陛下への奉祝と感謝の誠を広く呼びかける位置付けから今回のコンサートを企画することとなった。事前にチケットが完売する反響があり、当日も9割の参加率があり、ホールスタッフからもこれだけの人が集まるのは画期的であると言われた。


司会の宮田氏

 大阪を代表する交響楽団、日本センチュリー交響楽団、錚々たるソリスト、ザ・カレッジ・オペラハウス合唱団、大阪すみよし少年少女合唱団、山下一文氏指揮の下、第1部にスメタナ作曲、連作交響詩「我が祖国」より“モルダウ”、続いて大栗 裕作曲、「神話」~天の岩屋戸の物語による~、休憩を挟んで第2部では信時潔作曲、北原白秋作詞の交声曲「海道東征」が演奏され、最後にアンコールで「故郷」を全員で唱和した。国を思う気持ち、神話の「岩土隠れ」のイメージ、「海道東征」では神武天皇東征の物語の壮大さがホール一杯に迫力ある音圧となって響き渡り、胸が高鳴るひとときであった。選曲が御即位三十年に相応しいものであったことを改めて実感した。
 また司会を元NHKアナウンサーの宮田修氏にして頂いたこともあり、雰囲気づくりが抜群であった。終了後、感動のあまり、涙されている人もいるなど、全ての参加者が感動されていた。
 このコンサート開催に辿り着くまでに2月位からコンサートプロジェクトチームをつくり、何回も会議を開催し企画を深めていった苦労し甲斐があった。

■靖國神社参拝、美しい日本の憲法をつくる国民の会全国大会に17名が参加

靖國神社神門前で記念撮影
プラカードを掲げ、地元選挙区から参加したことを国会須議員にアピールする

 去る12月4日(火)朝から第9回靖国神社参拝ツアーに参加するため、新大阪駅に16名が集合、昼過ぎに東京駅に到着した後、バスでさいたまの氷川神社に正式参拝をした。
 今日はあまり天候がよくないと思っていたが、少し汗ばむ程の陽気となった。
 氷川神社は明治維新後、明治天皇が初めて親祭され、「祭政一致の詔」を発せられた、文字通り国家建設のスタートとなった場所である。とくに勅使斎館は明治天皇が装束をお召しになられた所とのことで感慨深かった。その後、都内の戻り、夕食交流会で親睦を深めることができた。
2日目の12月5日(水)朝、品川にあるホテル出発し、靖國神社昇殿参拝と遊就館を見学した。英霊の御霊に感謝と天皇陛下御即位三十年奉祝行事の奉告と憲法改正実現に向けてご加護あらんことをしっかりと祈った。ご創立百五十年に向けて改修工事が続けられていることがそこかしこからわかった。
 そして午後は砂防会館で開催された「美しい日本の憲法をつくる国民の会」全国大会に参加、国会議員、全国からも役員、地域担当者、地方議員が約1100名集まり、衆参憲法審査会、国会での憲法改正論議と早期の国会発議を求める大変な熱気であった。大阪選出の国会議員も大勢、紹介されており、意を強くするとともに、今後、さらに参加された議員へ一層働きかけを強めていかねばならないと思った。これだけの議員が参加し、国民の熱気が国会に届いていない実態は、やはり議論そのものを抹殺しようとする野党議員の職場放棄ではないかと強く思った。早速、大阪に戻り、国民投票連絡会議の設立を一歩でも二歩でも前進していくことを誓った。戦いの中で靖國神社参拝ツアーができることは意義深いと思った。

■大阪10区選挙区憲法改正国民投票を求める市町民の会が発会

 去る12月2日(日)午後、高槻市現代劇場で、第10区国民投票連絡会議が発会。府内で第4番目の連絡会議となる。当日は講師として岡田 邦宏氏(日本政策研究センター所長)が講演。
一部役員は依頼中のところもあるが、代表、事務局長、事務所が決定済みとなっている。年が明けてから具体的な活動に入る予定。課題は議員と民間のネットワークの構築をどの段階で行うのかである。

■北摂支部講演会に40名参加

 去る12月8日(土)午後2時より豊中商工会議所にて日本会議大阪 北摂支部講演会が開催され、約40名の参加者があった。講師はボギー手登根(手登根 安則)氏で「南の要衝 沖縄のいま」と題して講演された。同氏は、地元のラジオパーソナリティーとして、沖縄の矛盾点や報道されない事実を発信、現在では「ボギーチャンネル」で毎日夜9時から沖縄の真実を語っておられ、話題となっている方だ。
 辺野古での基地反対派と防衛局とのやりとり、機動隊が何もすることができない様子、平和を語りながら、実は暴力、争い事が好きなのが反対派であること、修学旅行で子供達がテント村を訪問し、反対運動を洗脳している様子など、マスコミで取り上げられていないショッキングな映像を紹介されたが、深刻な状態であることを改めて認識した。同氏はまずは事実を知ってもらいたいと語ったが、本気になって沖縄の真実を伝える重要性を実感した。


《大阪府民の会及び府本部・支部の行事のご案内》

 

■祝祭日に国旗掲揚を推進する1/27御堂筋パレード

 1月27日は、「国旗制定記念日」です。私達は、国民の祝祭日にどの家庭でも国旗が掲揚されることを願い、御堂筋をパレードし、府民に呼びかけます。是非、ご参加下さい。

・日時 1月27日(日)午後3時半集合~5時頃(小雨決行)
      パレード前、3時より神社庁5階にて記録映画の上映も行います。
 ※雨天のため、パレードが中止の際は午後4時より上映致します。
・集合場所 坐摩神社境内 大阪市中央区久太郎町4丁目渡辺6号 TEL 06-6245-5741
大阪メトロ御堂筋線・中央線「本町」⑮番出口より徒歩1分
・パレード開始 4時(御堂筋本町~心斎橋~難波~元町2丁目)
・主催 日本会議大阪/協力 大阪府神道青年会

■奉祝 皇紀2679年・御即位三十年 建国記念の日をお祝いする府民の集い

御代替りに当たり、今こそ即位の大礼と大嘗祭の意義、天皇陛下のお祭りについて広く理解していく絶好の機会です。

・日 時 平成31年2月11日(月・祝)14時~16時半
・会 場 大阪府神社庁会館5階
・講 演 演題 「天皇のおまつり」(仮)
     講師 三木 善明 氏(元掌典職掌典補、御香宮神社権禰宜)


【略歴】宮内庁京都事務所から始まって、宮内庁掌典職で出仕と掌典補として28年奉仕し、その後、正倉院事務所と異動し、桃山陵墓監区事務所で定年となった。その後、再任用で京都事務所を経て現在に至る。
大喪と即位の大礼を支えた当事者でもある。
 ・参加費 1,000円(正会員以上は無料、是非ご入会を)
 ・主 催 日本会議大阪 TEL 06-6245-5741(丸山)

■第9回沖縄なにわの塔慰霊祭

(ご参加ご希望の方は同封の別紙のチラシにてお申込み下さい。)

・日 時  平成31年2月18日(月)~20日(水)
      伊丹空港 8時集合、伊丹集合 20時解散(予定)
・参加費  80,000円 ※シングルご希望の方は13,000円の追加料金が必要です。
・募集人数 40名(先着順)
・締切日  平成31年1月17日(木)
      ※締切日以降のキャンセルの場合は、キャンセル料が発生します。
・宿泊場所 1日目 ロイヤルホテル沖縄残波岬
      2日目 ホテルJALシティ那覇
・行 程  1日目 なにわの塔慰霊祭・波上宮 正式参拝
      2日目 戦地視察(ガマ・玉砕の碑)・慰霊(古宇利島から近海を臨んで)
          琉球の祈りに触れる(久高島)・沖縄県護国神社 正式参拝
          ※諸事情から行程が変更になる場合があります。
・問合せ 神道政治連盟大阪府本部 TEL 06-6245-5741

関連記事