誇りある国づくりへ 国を愛する新しい国民運動ネットワーク

日本の息吹 [大阪版] ~ 一人がひとりを! ~  第177号 平成26年8月号

■女性の会教育講演会に350名の参加者が結集!
 ~青山千春氏(独立総合研究所 自然科学部長)、子育て、職場復帰、メタンハイドレートを語る~

青山千春氏の講演

青山千春氏の講演


去る6月28日(土)の午後、日本会議大阪女性の会第13回教育講演会が大阪府神社庁会館で開催、記念講演の講師に、今話題の第4の資源と言われているメタンハイドレートの賦存情況を調査している独立総合研究所の青山千春先生をお招きしたこともあり、実に350名の参加者があり、会場は立錐の余地ない程の盛況ぶりであった。参加者の約7割が女性であった。
 講演会では国歌斉唱に続き、村上知永子・女性の会会長の挨拶、来賓紹介に続いて早速、講師の青山千春氏(独立総合研究所の取締役・自然科学部長)が「千春博士の夢をあきらめなかった子育てと職場復帰体験とメタンハイドレートで祖国に希望を」と題して約1時間、お話をされた。
最初に東京水産大学を卒業後、青山繁晴氏と結婚して、育児に専念し、航海学を研究するという夢をあきらめることなく、12年後に水産大学に再入学し、今日に至るのであるが、「夢はあきらめない、社会のために役に立つこと、子供の才能は母親が一番理解している、子育てや家事、については夫には頼らない、男性は自分に自信を持つこと、社会に女性を受け入れてほしい」と、女性の社会進出について自らの信念は必ず通じること、また今日、更に女性を社会に受け入れる環境をつくってほしいとの体験に基づいたお話は心動かれた。
 後半では日本再生の起爆剤として注目されているメタンハイドレートの事業化の進捗状況について話された。わが国海域周辺海底にはメタンハイドレートが密集していること、粒状のプルームの中にピストンを打つと効率よくメタンハイドレートの結晶を採取できたこと、そしてその探査システムと海底資源調査方法の特許を外国で取られる前に先手を打って取得したこと、資源開発について政府は日本海側を後回しにした計画は途中で変更できなかった壁を乗り越え、今年に入って、ようやく日本側の調査にも30億円の予算がつくことになったことなどを紹介された。
 講演後、青山氏のご著書のサイン会も長い列をつくり、大変な反響であった。
 続いて80名程が参加しての総会に入り、女性の会の映像を用いて活動報告と活動方針を発表、DVD「憲法に『家族保護』の規定を」上映、そして総会参加者全員で記念写真を撮影し、無事終了した。
 これを起点として、憲法、神話とさらに女性の目線からの活躍が大いに期待できると確信した行事となった。                          [文責・府本部事務局]

■中河内支部総会に60名が参加
 ~産経新聞・編集委員の安本寿久氏、安倍政権が担っている課題を読み解く~

安本寿久氏の講演

安本寿久氏の講演

去る6月29日(日)の午後、日本会議大阪 中河内支部の第9回総会が柏原市民文化会館のリビエールホールで開催、講演会の開始前には約70名の参加者が集まった。とくに中野隆司・柏原市長、5名の地方議員の方も参加された。
第1部の総会では中東・支部長の挨拶に続き、早速、議事に入ったが新海・事務局長が冒頭に来年は支部設立10周年に当たり、来年6月下旬には大がかりな行事を開催する中で、会員拡大に努めていきたい旨を述べられた。続いて、昨年度の活動報告と決算と会計監査報告、今年の活動予定と予算案が提案され、参加者全員の拍手で承認された。
 その後、中野・柏原市長、芦立・府本部事務局長からの祝辞があり、無事総会は終了した。
 第2部の講演会では産経新聞大阪本社の編集委員である安本寿久氏が「美しく強い日本を取り戻すために ~安倍政権の使命~」と題してお話があった。府本部主催で今年の建国行事の際には、日本の神話について記者の目線から取材された内容について好評を博したが、今回は安倍政権に課せられて使命について、ニュースだけではわからない安倍政権を巡る動きについてお話があった。
 とくに印象に残った点では、安倍政権は、歴代政権の中でも非常に多くの仕事をしていること、集団的自衛権行使容認については、何も今に始まった問題ではなく、1990年代から決めなければならなった問題であること、今後、安倍政権はマスコミや抵抗勢力に対して強い発信力と説得力が必要であると話されたことであった。その後、安本氏を囲み、役員を中心とした懇親会が開催され、実りのある情報交換ができた。                [文責・府本部事務局]

■北河内支部 公開講座に30名参加

北河内支部では、去る6月22日(日)、四條畷神社会館に於いて星田神社宮司 佐々木久裕氏を講師として、演題『神話から読み取る日本の心』による公開講座が開催された。
日本神話には天地開闢から神々の誕生を通じて、万物が天と地の間に生成化育する様子が生き生きと語られている。人も全ての生き物も、天と地の間でともに共存共栄してきた。そこに日本人の「調和の心」「和の心」がある。天地感応道交の中で生成化育が営まれてきた。「天の浮橋」「心の御柱」「橋」「箸」から読み取れる「はし」の思想や、「比礼」「織物」に象徴される「調和の心」、神無月にみる「神議(かむはか)りの心」などが語られた。
どしゃ降りの雨にかかわらず、30名あまりの聴講者が駆けつけた。[文責・北河内支部事務局]

■第2回憲法改正に向けた啓発活動を難波高島屋前で展開
 

マイク情宣とチラシ配布を展開

マイク情宣とチラシ配布を展開

去る6月21日(土)の午後3時から第2回憲法改正に向けた啓発活動を難波高島屋前で12名の会員メンバー協力の下、行った。天気予報では夕方から雨が降るとのことであったが、幸い、情宣中は蒸し暑かったがなんとか天候の方はもった。
 相変らず難波駅周辺は雑踏であり、最初はなかなかチラシをとってもらえなかったが、マイクでの訴えもそのうち少しずつ聞く人が出て来て、2種類のチラシもそれぞれ500枚、受け取ってもらい、中には激励をしてくれる人もいた。若い人も結構、チラシを受け取ってくれた。
 またメンバーに「あなた方は憲法の問題を言っているが共産党か!」と詰め寄る人もいたが、「時代にそった新しい憲法をつくり、日本を守っていく立場です」と話すと、それなら自分も賛成だという人もいて、これまで憲法というと、革新系がやっているというイメージがいかに強いかを実感した。それでも一時期に比べると、強烈に反対してくる人が少なくなっているようにも感じた。
 今回は極力、参加者にマイクを持ってもらうようにしたが、今日に備えて原稿を用意したり、ポイントを整理しているメンバーや若いメンバーは最初は遠慮しがちでいたものの、一旦、マイクを持つとしっかりと自分の思いを伝えていて、多くの人々に直接、話しかけていく機会は大事だと思った。
 今後も定期的に啓発活動を定着させ協力者の結集の場とするとともに、日本会議大阪の存在も積極的にアピールする予定である。                [文責・府本部事務局]

■5、6月定例議会での「国会に憲法改正の早期実現を求める意見書」決議は大阪市会のみ
~9月定例議会では改正決議の流れに勢いを~

 5、6月定例議会で憲法改正を求める意見書の地方議会決議を府内で挙げて頂こうと、府本部事務局からも各議会の議員の方々に資料などを送付したり、直接、面会してお願いをして参りましたが、大阪市会だけにとどまりました。全国的に政令都市では初めての決議となり、今後、この一点突破を府内各議会でも広めて頂き、9月定例議会では一つでも多く決議をして頂くよう、府本部としても働きかけをさせて頂く予定です。各都道府県議会でも着実に決議されており、大阪もこの流れに乗り、改憲の世論を議会から起こして頂くよう働きかけをしていく予定です。

《府本部関係行事のご案内》
■平成26年 親子・護國神社清掃奉仕 ~真夏の半日、親子一緒に英霊に感謝の心を込めて~
・日 時 8月3日(日)午前8時~正午 (7時50分までにご集合下さい)
・場 所 大阪護國神社境内 TEL 06-6681-2372
地下鉄四つ橋線「住之江公園」駅下車、①番出口からすぐ
・内 容 参拝、ラジオ体操、境内の清掃、懇談会
・持ち物 軍手(必要な方は着替え)
※参加無料(おむすび、お菓子、ジュースなどの差し入れあり)※雨天中止
◎ご参加ご希望の方は8月2日(土)までに事務局へご一報下さい。
・問合せ 日本会議大阪 TEL 06-62345-5741(担当 丸山)

■第2回なみはや勉強会 「天照大御神と須佐之男命」
・日 時 8月10日(日)午後2時~4時
・会 場 大阪府社会福祉会館503号室 TEL 06-6762-5681 大阪市中央区谷町7-4-15
・講 師 坂田 和子 氏(日本会議大阪女性の会理事) ※受講料無料
・申込先 日本会議大阪女性の会事務局「なみはや勉強会」担当宛 FAX 06-6243-1682
      お名前、ご住所、連絡先、参加人数、勉強会を知ったきっかけをご記入下さい。

■平成26年度戦没者追悼祈念講演会 ~国を守る覚悟とは~
・日 時 8月15日(金)午後2時~4時半(開場1時半)正午から大阪護國神社本殿にて英
霊感謝祭を斎行致しますので、ご参列の方は11時50分までにご集合下さい。
・会 場 住之江会館ホール TEL 06-6681-3401
大阪市住之江区南加賀屋1-1-95 大阪護國神社境内 奥の建物 ※お車のご利用は
ご遠慮下さい。
・講 演 演題 『戦いの最前線から日本を語る』
     講師 宮嶋 茂樹 氏(報道カメラマン)
※参加無料、小学生から高校生の参加者には図書カード(1000円分)を贈呈します。
・問合せ 日本会議大阪 TEL 06-62345-5741(担当 丸山)

■国民の選択!-憲法を見直す大講演会 ~憲法改正は今を措いてない!!~
・日 時 9月20日(土)午後2時~4時半(開場1時)
・会 場 エル・おおさか エル・シアター TEL 06-6942-0001
大阪市中央区北浜東3-14 ※駐車場には限りがありますので、できる限り公共交通
機関をご利用下さい。
・講 演 青山 繁晴 氏(株式会社 独立総合研究所 代表取締役社長・兼・首席研究員)
・演 題 「日本の誇りと憲法」
・映 画 「誰にでもわかる憲法改正の話」上映
・入場料 前売券 1,500円 当日券 2,000円(900名定員になり次第、締め切ります)
・お申込方法 先日7月上旬に送付した案内チラシにある参加申込書に必要事項をご記入の上、
FAX、メール、郵送のいずれかでお申込み下さい。
※既にお申込みを済ませている方は、結構です。
・主 催 日本会議大阪 TEL 06-6245-5741

■第5回靖國神社参拝ツアー
 ご参加ご希望の方は、同封の案内要項のチラシについている参加申込書にご記入頂き、事務局FAX 06-6243-1682 又は郵送でご回報願います。

関連記事