活動報告

 去る10月24日(土)の午後、日本会議大阪の特別時事講演会が堺市の浅香工業で開催され、3名の堺市議会議員、日本会議大阪の衞藤運営委員長、中河内支部の中東支部長をはじめ、約130名が参加した。私も推進委員会のメンバーとともに賛同者拡大推進委員への就任の呼びかけで会場に赴いた。

会場の浅香工業の玄関 会場の浅香工業株式会社のホールは、支部役員の石田氏のお世話で社長がモラロジーの会員ということもあり、会場を提供して頂いたもので、この会社はシャベルなどの製造で日本一のシェアを誇っている会社である。会場玄関の通りには、「日本会議大阪泉州支部」の幟が立ち並んでいて、参加者にとってはすぐに会場を見つけられるように工夫されていた。
 また今回は、支部役員が会員、社頭での呼びかけ、チラシのポスティング、各自の知人関係にも呼びかけていて、会員以外の方も沢山来られていて、支部が一丸となって動員対策をしっかりやられていた。

石 平 氏の講演1 講演は地元在住の評論家の石平氏が「習近平政権の国際戦略と日中関係」と題して、講演された。

 中国の国際戦略の歴史的な変遷、習政権が主唱する「民族の偉大なる復興」が意味するところ、海を支配すればアジアの覇権を握る戦略を推し進め、これが達成されると日本は崩壊か中国の従属下に置かれることになること、オバマ米政権が南シナ海を包囲する動きを見せているが、日本としては、日米同盟を強化しつつ、憲法改正を早急にしていかねばならないことなど、わかりやすく話されたが、参加者一同、危機感を共有できた内容であった。

 最後に私の方から推進委員就任の呼びかけをアピールさせて頂いた。

 また休憩の合間に、石氏に賛同者拡大に向けての1分間メッセージの動画を収録できてよかった。

 役員メンバーも初参加者に日本会議への入会の案内も熱心にされていた。

 その後、近くの会場で石氏を囲んで、懇親会を開催、20数名の参加者が集まり、懇親を深めることができた。

昨日9月5日(土)の午後、第12回憲法改正街頭啓発活動をJR・京阪の京橋駅アーケード通りで開催、28名のメンバーが集まり、約2時間きっちりと行った。蒸し暑い陽気とはいえ、猛暑の時に比べるとやはり過ごしやすかった。
 今回は憲法改正を求める賛同者拡大のお願いとともに、「平和安全法制のすみやかな成立を!」と題した意見広告の新聞タブロイド版も配り、東・南シナ海における中国の軍事基地化の実態を知らせながら、まずは安保法制を成立、そして憲法改正へという訴えをしていった。

 いつも同様、通行人が多かったが、スタッフが多かったこともあり、女性の方には極力、署名活動、そして男性の方はチラシ配布を中心にした。国会での安保法案議論の高まりもあり、激励される人の他、大きな声で「憲法改正反対!」と叫ぶ人や酒気帯び手て妨害行為をして来る人がいたが、穏当に対応し、事なきを得た。これまでにあまり見られなかっただけに、安保法案や府民の会の動きについて少なからず関心を持っていることもわかった。

 憲法改正チラシ300枚、新聞タブロイド版600枚が配布済み、署名は236名集り、これまでに街頭啓発活動では過去最高の数となった。やはり協力メンバーの数は力である。お手伝いの皆さん、お疲れ様でした。
 次回は10/17(土)、午後3時より南海「堺東」駅前で開催予定。

 その後、神社庁に戻り、大阪市支部役員会に参加、第4回セミナー開催について協議した。

 ~笠井 智一氏の戦争体験の講演に身が震える~

 安倍首相の終戦70年談話が近代史の中で日本の歩みを確認しつつ、戦争が何故起こったのか、そして子孫に謝罪を負わせないという決意が色濃く出ていたことに深い感慨を抱いている中、昨日8月15日(土)の終戦70年目の節目、日本会議大阪と英霊にこたえる会大阪府本府の共催の「戦没者追悼祈念講演会」が護國神社境内奥の住之江会館・ホールで開催された。
 国会議員3名(代理)、10名の地方議員をはじめ約280名が参加、会場は椅子が足りずに、椅子を舞台に近づけてスペースをつくったり、2階の部屋から継ぎ足すなどして、過去最高の人数となった。

 講演会前に正午から斎行された「英霊感謝祭」は蒸し暑い日差しが照りつけたにもかかわらず、本殿には自衛隊関係者、遺族会、戦友会、2名の国会議員(本人)、地方議員が約30の他、約250名が参列、本殿周辺には約100名が集まるとともに、参道には次々と参拝される人々が列をなし、やはり終戦70年の節目にただならぬ緊張感が漂っていることを強く実感した。若い世代も例年より多く参拝していた。

 講演会では、英霊の御霊に追悼と感謝の誠を捧げる黙祷の時間が長く感じられ、参加者一人一人が心からご冥福を祈りつつ、その遺志を受け継いでいこうとする誓いの深さを感じ取った。

 主催者を代表して、衞藤恭・日本会議運営委員長と髙野伸生・日本会議大阪地方議員懇談会会長の挨拶のあと、来賓紹介、そして「海行かば」唱和は万感胸迫るものがあり、英霊の御霊が一緒に唱和しているような地鳴りが響いているように思えた。

 続いて、零戦・紫電改の元パイロットの笠井智一氏が「後世に語り継ぐ戦争体験」ど題して講演された。笠井氏は昭和16年から甲種予科練に合格してから、零戦、紫電改に搭乗、グアム島、ペリリュー島などで数々の空中戦で出撃、そして神風特攻隊直鞍任務につき、昭和20年に大村基地で終戦を迎えられた歴戦の勇士であり、「永遠の0」の原作でもモデルの一人として登場する人物である。

 同氏は、最初に右でも左でもなく「日の丸」が掲げられる誇りこそ取り戻すことが必要であることを強調つれた。そして当時、零戦・紫電改はわが国の技術の粋を集めたもので、世界に誇る戦闘機であったこと、命令には誰一人として後ろ向きに捉えることなく、明るく飛び立っていかれたこと、自分達が戦うことが日本を守ることと深く自覚していたことなど、数々の戦争体験はその場に実際に身を置いた方として、臨場感のあるもので、参加者が真剣に聞くことができた。

 印象的だったのは、最前列の中央に小学生低学年の女の子がお母さんと一緒にまなじりを動かすことなく、聞いている姿があつたことだ。また、笠井氏は90歳になられるにもかかわらず、お腹の底かせ大きな声を出し、今は細身でスラッとしているが、かくしゃくとしていて、若い頃は精悍だったことが十分に感じられた。こういう方々が日本を守り、戦後の日本の繁栄の礎として活躍されてきたことを実感し、そのお志こそ次代につないでいくことが我々の使命であることを改めて思った次第である。

 その後、尾﨑博・英霊にこたえる会大阪府本部理事の謝辞があり、講演会は無事、終了、近くの居酒屋で笠井氏を囲んでの懇親会を開催、親しく懇談した。

 講演会では憲法改正賛同者拡大運動への協力のアピールもした。

 終戦70年の節目、かけがえのない時間を過ごすことができた。

 本日8月2日(土)朝8時から、「第11回親子・護國神社清掃奉仕」を大阪護國神社境内で開催、霊友会第八支部のふれあい隊のメンバー、あさなぎ、日本会議会員、総勢66名が参加してした。うち16名が4才から高校生の子供達で親子が一緒になって、護國神社で清掃していくという、当初の目的にもかなった顔ぶれとなった。毎年、霊友会第八支部のメンバーには参加の心配をして頂いたり、神社近くに在住されている会員の方にも参加して頂いていることはありがたい限りだ。当初予定して参加者数よりも多くなったこともあり、事務局の方でもお茶やおにぎりの対応も忙しくなった。
 朝から、じりじりと陽が照りつけ、蒸し暑かったが、参加者全員が元気に奉仕して頂いた。
 
 最初に本殿で黙祷、国歌斉唱、正式参拝、柳澤宮司からの神社の由緒説明に続き、境内でラジオ体操を行った後に、今日の清掃場所の確認とスケジュールを説明をし、記念写真の後、早速清掃にとりかかった。私の方から国のために殉じられたご英霊の方々も天界から見守っておられることを案内させて頂くと、皆、表情
が引き締まっていのを感じた。
 
 神社の方から、移植ごてやほうき、使い捨ての軍手などの清掃用具を提供して頂くとともに、神社かかりつけの植木屋さんにも刈った草を集める軽トラックを出して頂いて、ありがたかった。
 
 清掃場所は、鳥居周辺の玉垣の空き缶拾い、境内奥の庭園の池の周辺と儀式殿の庭であったが、結構、面積が広く、薮蚊にさされながらも、やりがいがあった。子ども達も一生懸命、元気に草を刈ったり、集めたりしてもらった。

 途中に小休憩をいれながら、熱中症に気をつけ、約2時間、作業を行ったが、清掃した後は、本当にきれいになった。

 その後、冷房のきいた儀式殿で昼食、おにぎりとお茶、子供達にはジュースやお菓子を差し入れたが、大変、喜ばれた。

 ここでも私の方から暑いとはいっても、戦地ではそれ以上の暑さの中で、飲むものも飲まず食わずで戦って来た御英霊の方々がおられたから、今、自分達が平和で豊かに暮らすができるということや終戦80年は、戦争体験者は全くいなくなることから、家庭で是非、このような歴史を伝えて頂きたいことや大阪出身の兵隊さんは強かったことを紹介させて頂いたが、子供達にも熱心に聞いてもらってよかった。

 沢山汗を流したが、清掃後はすっきりとした気分となり、思い出の残る行事となった。

 「大阪府民の会」推進委員会の街頭情宣部局のメンバーを中心として、本日7月25日(土)の昼下がり3時から5時の最も暑い時間に第11回憲法改正実現に向けた街頭啓発活動を京橋のアーケードで展開した。12名のメンバーが集まって頂いた。大阪では本日が天神祭の本宮ということもあり、天満に近い京橋も浴衣姿の見物客の行き来ですごい賑わいだった。しかしメンバー一同、使命感に燃え2時間しっかりとマイク情宣、チラシ配布、賛同者署名と汗を流した。

 大阪テレビの浴衣姿まの若い娘さんが約10名位、うちわを配布していて、かなり目立っていたが、こちらも負けじと署名の呼びかけを行っていった。マイクを持つメンバーや署名のお願いするメンバーともども、回数を踏んでいることもあり、臆せずキビキビと動いて頂き、積極的に通行人と話し込んでいる姿が多かった。

 マイクで訴えた後は、賛成する人から拍手もあった。

 私は何故、今、安保法制なのかについて、東シナ海での中国のガス田採掘のためのプレート建設の実態を紹介する中、南シナ海と同様になっていることを強調、集団的自衛権の行使の一部容認が緊急の課題であることを訴え、さらに自衛隊の存在を憲法の中に明記することを訴えていった。

 今回は憲法改正のチラシの第2弾のチラシ(試作)も配布したが、今後、このチラシはボスティングでも配布していくこととなっている。

 本日の成果は103名であったが、反省会では今後、街頭情宣に参加する人員を増やしていくことも確認されていった。またティッシュなど、チラシ以外で通行人がとってもらえる物も作成したらどうかという意見を出た。

 次回12回目の街頭啓発活動は、8月を休みとして、9月26日(土)午後3時~5時まで、同じく京橋で開催する予定である。

 昨日6月20日(土)の午後、「美しい日本の憲法をつくる大阪府民の会」推進委員会の街頭情宣部局のメンバーをはじめ有志の会員15名が参加して、JR・京阪「京橋」駅のアーケードで第9回憲法改正街頭啓発活動を2時間に亙って蒸し暑い中、頑張って行った。予定していなかった会員の方も顔を出して頂き、これからも協力してくれるとのことで、「継続は力なり」と実感し、嬉しかった。

 「大阪府民の会」として、京橋で行うのは初めてであったが、難波とは違って外人がほとんどいない下町の雰囲気があったが、JRと京阪の連結箇所ということもあり、人通りが多く、また結構座って待ち合わせをしている人々も多かった。街頭活動も難波だけでなく、この京橋に進出し、これからも京橋でもできるだけ行う予定である。

 マイクで情宣するところに幟を林立させたこともあり、結構目立っていた。メンバーの中には櫻井よしこ・国民の会共同代表のポスターをパネルにした看板を独自で制作して方もおられ、なんとか署名への呼びかけを工夫したいという意欲満々の方もおられた。

 憲法改正を京橋で行うのは初めてということもあり、情宣の最初の頃にはすぐに署名に協力する人々が出て来た。いろいろな箇所で通行人と語るメンバーの姿があり、関心が高かったように思う。

 配布したチラシは第一弾の憲法チラシであったが、現在、
第2弾目のチラシを作成中で、次のチラシの完成が望まれる。

 国会の安保法制論議と憲法問題との絡みについて訴えると、注目する人が多く、時局に即した訴えはインパクトがあった。チラシは約300枚配布、2時間で123名の署名の成果があった。

 その後、街頭情宣部局のメンバー6名で備品を車両に積み込み、神社庁に移動、かたづけの後、本日の反省会と課題を打ち合わせ、7月7日のキャラバン行事の時の難波での情宣計画、7月25日の情宣計画を打ち合わせをした。

 とにかく、毎月の街頭情宣が無事にできるのは、平尾氏と玉岡氏の両部局担当、車両担当の白澤氏の連携が実によくできているで、感謝の思いで一杯だ。お手伝いの皆さん、お疲れ様でした。

 昨日6月6日(土)午後、日本会議大阪の平成27年度総会を大阪府神社庁会館で開催、地元国会議員8名(本人4名)、地方議員20名をはじめ各支部、女性の会の役員、会員、一般府民総勢約230名が参加して行われた。6月6日は本会設立以来、丁度17年目に当たる記念すべき日でもある。憲法改正賛同拡大に協力頂いている方も多数参加して頂いた。

 第1部の総会では、千家議長の挨拶、国会議員を代表して、北川イッセイ・国交副大臣、とかしきなおみ・衆議院議員からの挨拶に引き続き、衞藤運営委員長の議事進行で昨年度の事業報告、決算報告を承認、今年度の憲法改正運動を柱とする事業計画、予算案が無事承認され、参加者全員の総意を聖寿万歳の発声でまとめられ、気持ちの引き締まった内容となった。

 続いて第2部記念講演では、拓殖大学総長・美しい日本の憲法をつくる国民の会代表発起人の渡辺利夫氏が「戦後70年-新しき時代な向けて、日本人よ、めざめよう」と題して、約80分間講演された。
 同氏は、戦後の歴史認識問題について、占領軍による初期対日方針と左翼勢力が結びついた歴史観が日本人に刷り込まれたこと、教科書誤報事件や靖國問題が起こるまでは外国が日本の歴史問題にっいては一度も問題視したことがなかったことなどを例示しながら、結局、日本人が日本を貶めてきたことを強調され、日本人が本当の歴史を取り戻すことが重要となってきていること、安倍政権時代という千載一遇の機会を逃すことなく、憲法改正に取り組んでいくことを訴えられた。

 メリハリがあり、歴史認識について色々な視点から繰り返しお話され、わかりやすく大変好評であった。

 再度、事務局から憲法改正賛同者拡大への協力のお願いをさせて頂き、組織を挙げて1000万人賛同者目標のうち、大阪で46万人の賛同者を広げていくことが参加者一人一人の意識に入った、コンパクトな総会となった。

 署名は40名、推進委員33名、拡大見込み2216名の成果があった。

 渡辺先生を会場から見送った後、役員、実行委員メンバーで懇親会を近くの居酒屋で開催、和気藹々の中にも今後の決意を披歴する話も出て盛り上ったひとときとなった。

 皆さん、お疲れ様でした。

 本日5月9日(土)の午後、美しい日本の憲法をつくる大阪府民の会設立総会が大阪府神社庁会館5階で、地元国会議員8名(本人6名)、首長および地方議員14名、代表発起人6名、代表委員・運営委員屋約30名をはじめ400名を超える参加者が集まり、盛大に開催された。会場は立錐の余地がない程、一杯となり、熱気のこもった設立総会となった。これでようやく名実ともに大阪から憲法改正運動の受け皿が組織されたこととなる。

 まず第1部の設立総会では国歌斉唱に続いて、寺井種伯・大阪府民の会代表からの主催者の挨拶、芦立幸正・大阪府民の会事務局長からの役員紹介のあと、衞藤恭・大阪府民の会運営委員長からの活動方針、今後のスケジュール、会則、予算についての提案に満場の拍手で承認、続いて来賓の挨拶として竹本直一・自民党大阪府連会長・衆議院議員、馬場伸幸・維新の党国対委員長・衆議院議員からの国会での憲法論議の状況の報告と大阪府民の会と提携して憲法改正運動に取り組んでいくことの決意表明があった。

 さらに各界からの提言として髙野伸生・日本会議大阪・神政連大阪地方議員懇談会会長、経済界を代表して的場年昭・マテックス株式会社社長、女性を代表して村上知永子・日本会議大阪女性の会会長、憲法改正賛同者拡大運動推進委員会を代表して河野賢治氏からあり、夫々の立場から憲法改正運動に精力的に取り組んでいく決意が表明されていった。続いて、DVD「憲法を国民の手に」と題した櫻井よしこ・国民の会共同代表の署名活動の呼びかけの上映があり、最後に設立宣言案を推進委員会の佐藤秀行氏が朗読し、参加者全員の拍手で採択されていった。1時間の中で、盛り沢山のプログラムとなったが、これからの憲法改正運動に向け、大阪では46万の賛同者拡大を必ず達成していくという目標を参加者全員で確認することができた内容となった。

 続いて第2部の記念講演では、「憲法改正、最後のチァンスを逃すな!」と題して、田久保忠衛・国民の会共同代表からご講演を頂いた。田久保先生は、今日の世界の動きを詳細に分析されながらオバマ米政権の実態などをわかりやすく紹介、わが国が安全保障の面については軍隊ではなく自衛隊となっている異常さ、非常事態の対応を明記する必要性など、一刻も早く改正していくのは今を措いてないことを訴えられ、参加者一同、使命感を湧き立たせるものであった。

 いよいよ、大阪から憲法改正の訴えを力強く各方面にしていく拠点が本日出来上がったわけであるが、これからがスタートになることを参加者各自が啓発される記念すべき設立総会となった。

 マスコミも読売、朝日新聞の取材を受けた。

 40名の実行委員の皆さんのご奉仕、お疲れ様でございました。

 本日5月3日の憲法記念日、美しい日本の憲法をつくる大阪府民の会準備会では午後3時から5時まで第7回憲法改正啓発活動をなんばの三井住友銀行前で行った。この日はいつもなら憲法シンポジウムを開催しているだが、今週9日に行う大阪府民の会設立総会かせあるために敢えて情宣活動に切り替えた流れがある。

 今日も汗ばむ陽気となったが、推進委員会の街頭情宣活動部局と村上会長をはじめとする女性の会役員の他、有志の日本会議会員のメンバー21名が集まり、安全保障、拉致問題を中心とする憲法9条改正の大阪独自で作成としたチラシを夫々300枚の配布、マイクでの情宣活動を展開していった。皆、疲れも見せず精力的に活動を展開して頂いた。

 連休の前半で、絶好の行楽日和、多くの通行人でごった返す中での奮闘となったが、20名を超すメンバーが一斉に難波駅通りを席巻する形となり、雰囲気をつくることができた。

 今日が憲法施行から68年目の節目ということもあり、比較的、人々の関心もあったように思うが、けっこう署名して頂いた。

 メインの横幕が貼っている部分には、国民の会の役員の顔写真入りのパネルも取り付け、できるだけ親近感のあるように工夫もした。

 本日の成果は143名の署名であった。

 終了後、大阪府神社庁で街頭情宣活動部局メンバーで反省会を行った。

 次回は5月23日(土)午後3時~5時・難波高島屋前(小雨決行)です。

 去る4月11日(土)の午後、「美しい日本の憲法をつくる大阪府民の会」準備会の第2回準備会を大阪府神社庁で開催、20名の運営委員が集まった。
今回の議題は、3/19に東京で開催された国民の会総会と全国代表者・実務者会議の報告、5/9の設立総会に向けて、役員体制の確認、運営体制、プログラムとタイムスケジュール、参加動員の確認、1000万人賛同者拡大運動での小選挙区こどの議員への働きかけの提案、役員メンバーの所属団体での映画上映と賛同者拡大の呼びかけのお願い、予算修正案を上程、とくにプログラム内容については前向きで積極的な意見交換ができるとともに、運動を支える予算組みについても大幅に規模拡大したことについても承認して頂いた。
 参加された運営委員全員が、憲法改正実現に向けて並々ならぬ意欲を持っていて、まずは設立総会までにしっかりと賛同者拡大をすることと、総会にはかならず3名を連れてくることが課せられたことを自覚した会議となった。
 運営委員の皆さん、頑張りましょう!