■大阪護國神社で映画上映

 昨日4月7日(土)、大阪護國神社で「同期の桜を歌う会」が開催、日本会議
大阪も午後からの正式参拝の前の待ち合わせの時間帯に儀式殿での映画上映の任
を担うとことなっていたので、その準備のため、吉田運営委員と朝から赴いた。

 丁度、神社では戦艦大和の慰霊祭を斎行されるところであったので、参列させ
て頂く機会も得た。
 昨日は陽気が多少寒かったものの、桜も6部ぐらい開き、絶好の花見でもあっ
た。今年も御霊が桜に静かに宿っている感じがする。

 映画は平成17年に製作された「天翔ける青春~日本を愛した勇士たち」を上映
したが、大東亜戦争で戦っていかれた青年の願いがご遺書を通じて、語られてい
るものである。参加者もご年配の方が多いが、これまでの中で最も多い30名の方
が来られた。映画が終了すると拍手も出て、非常に感動されていることがわかっ
た。この映画は、どんなに時間が経過しても、重い感動がある。こちらも英霊の
方々の思いを是非、ご家庭やお知り合いの方々に伝えて頂きたい旨の挨拶をさせ
て頂いた。

 その後、正式参拝から日本の歌・軍歌奉唱へとプログラムが進行していった
が、約500名の方が春のひとときを過ごした。