日本の息吹[大阪版]~ 一人がひとりを! ~ 第223号 平成30年10月号

■憲法改正国民投票勝利に向けた議員とネットワーク組織(連絡会議)をつくり、府内19小選挙区で憲法改正賛同の広がりを!

※ 府内19小選挙区をカバーしたネットワーク、地元選出国会議員-地方議員-日本会議各支部(神社界、女性の会など)のネットワークを11月末までにつくっていきましょう!
◎各小選挙区の連絡会議の設立にご協力頂ける会員の方、事務局へご一報下さい。

 

■「天皇陛下御即位三十年をお祝いする府民の集い」、650名を集めて盛大に開催

去る8月18日(土)、「天皇陛下御即位三十年をお祝いする府民の集い」がシェラトン都ホテル大阪で開催され、府民約650名が参加して、天皇陛下御即位三十年を真心を込めてお祝いと感謝の誠を捧げた。この行事は各界各層の人々に加わって結成した実行委員会が中心となり、大阪府・大阪市・堺市が後援し、文字通り官民挙げての催しとなった。また連日続いていた暑さもゆるみ、さわやかな天候に恵まれた。「集い」開会前から会場ロビーは参加者でごった返し、場内も立錐の余地のない程、満杯となり、お祝いと感謝の熱気に満ち溢れた。

 

 

 

第1部の奉祝大会ではオープニングで関西雅楽松風会による「浪速神楽」奉納が厳粛な雰囲気に。

 

 

 

 

 

続いて式典では千家 敬麿実行委員長による開会の辞、国歌斉唱に続き、藤江正謹 会長による会長式辞、来賓紹介に続き、来賓祝辞として名誉顧問の松井一郎 大阪府知事、吉村洋文 大阪市長、竹山修身 堺市長、顧問の尾崎裕 大阪商工会議所会頭が述べられ、どの方も丁寧に陛下の足跡を辿りながら、平成の御代を讃えるものであった。続いて府民代表祝辞では代表委員の柳本忠二 株式会社レザック会長が会社に天皇皇后両陛下が行幸啓されたエピソードを語られ、なごやかな雰囲気となった。そして顧問の松本昌親 大阪府町村長会会長・千早赤阪村長の先導による聖寿万歳で感動は一気に頂点へ。最後に閉会の辞を田所 貞文 副会長が行い、式典は終了した。

 

続いて記念講演では、松浦光修 皇學館大学教授が「天皇陛下の大御心と祈り」と題してご講演。無私の精神でひたすら国民の幸せを祈り、国民が幸せであることを無上の喜びとされる陛下のお姿を感動をもって話され、自然と拍手が沸き起こり、涙なくしては聞けない素晴らしい内容であった。

 

そして清興では浪速高等学校・中学校吹奏楽部による学院曲「海道東征浪速」の演奏は、神武東征のご偉業が彷彿される程のパンチ力があり、最後の「故郷」では参加者が合唱して心高ぶるものとなった。
第2部の祝賀会は、約300名が隣の部屋で開催され、顧問の髙野伸生 地方議連会長の開宴の辞、寺井種伯 顧問の乾杯の発声の後、懇談、奉祝大会の感動を語り合いつつ、足立 博史 副会長の閉会の辞で会を締めた。

今回は、国会議員本人8名、自治体首長6名、地方議員多数、代表委員に就任されている各界代表の方々も多かったこと、実行委員体制も式典プロジェクトチームをつくり、数多く打合せの会合を開いて、実行委員の結束を図ったことが特筆される。そして何よりも全国に先立つ奉祝行事となったことだ。参加者をお見送りする時に、多くの方々から、「素晴らしい企画で感動した」「改めて天皇陛下の偉大さを実感した」というお言葉を頂いた。
この行事の成功は11月29日(木)に開催される奉祝記念コンサートの成功へ繋げていく決意にもなっていくものである。
※報告集作成に当たり、当日の感想を250字以内で事務局(冒頭のメールアドレス)へお送り下さい。

 

 

 

■第14回親子清掃奉仕、無事終了

8月5日、早朝より大阪護國神社で親子清掃奉仕。参加者が39名、うち子どもさんは15名。今日も朝から灼熱だった。清掃の前の正式参拝に続いて、南坊城 新宮司からのご挨拶では、天誅組の志士達も祀られていること、先の戦争は大東亜戦争であって、太平洋戦争ではないことを強調し、しっかりした歴史観を持つ重要さを話された。
清掃時間30分、休憩10分を繰返し、11時には終了、儀式殿でおにぎり、お茶を頂いた。みたままつりの準備が無事にできて良かった。

 

 

 

■英霊感謝祭に参列

去る8月15日、大阪護國神社の英霊感謝祭に多くの日本会議会員の方も参列した。心配された雨も一瞬だけぱらついただけで、あとは天気も持ちなおし、例年より凌ぎやすかった。また地方議員の方も約30名参列され、年々、こちらの呼びかけが浸透している実感を持った。
長年、ご英霊に応えるためにご活躍された前宮司が亡くなられた後の南坊城宮司への参列者の関心も高かったが、お祭りの後のご挨拶では御自分が道明寺天満宮名誉宮司から護國神社に就任された経緯、宮司就任に当たって宮内庁に招かれ、いよいよ責任の重さを実感したこと、大阪のご英霊に南河内に馴染みの深い天誅組の志士が連なっていること、そして憲法改正についても触れられ、多くの参列者は共有していたように思った。

 

 

 

■第14選挙区で憲法改正推進本部を立ち上げていくことが決議される

去る8月19日夕方、八尾文化会館プリズムホールで開催された自民党大阪府第14選挙区支部大会では長尾たかし衆議院議員をはじめ地方議員の支部役員、党員党友約250名の参加があった。
平成30年度活動方針案の中で、長尾先生の方から憲法改正運動について、選挙区支部で憲法改正推進本部を支部役員・議員・党友党員でつくり、来たるべき国民投票に向けて活動をしていくことが提起され、参加者の総意で決議された。
今後、秘書の話では9月に立ち上げをしていくこと予定であるとのこと。いよいよ第14区で憲法改正運動の具体的な活動が動き出すこととなった。
その後、支部大会では菅官房長官のご挨拶があった。

 

 

 

 

 

■自民党第4選挙区支部 憲法改正推進連絡協議会が発会

去る8月20日、大阪市都島区にある太閤園にて「大阪府第4小選挙区国民投票連絡会議」(仮称)の設立準備会の会合及び発会式が開催された。連絡会議としては府内2番目の設立となった。
第4区は大阪市内の都島区・福島区・城東区・北区の地域であるが、中山泰秀 衆議院議員、花谷みつよし府議会議員をはじめ5名の地方議員、中山議員の秘書2名、そして民間側では寳來支部長をはじめ大阪市支部役員、女性の会役員、日本会議会員8名、総勢16名参加して、自己紹介、経過報告、設立に伴う協議事項について検討していった。議員の方々から憲法改正賛同の啓発醸成の方策などについて建設的な意見も出され、相互の協力関係をつくっていく上で、大変意義があった。
その結果、連絡会議の名称を正式に「自民党第4選挙区支部憲法改正推進連絡協議会」とすること、中山衆議院議員が代表、副代表に花谷府議会議員と寳來支部長、推進委員長に荒木肇 大阪市会議員が就任することが承認、自衛隊DVDを議員の後援会など広く上映をしていくこと、街頭宣伝活動では積極的に自衛隊の憲法明記などの署名を行っていくこと、憲法改正講演会を開催していくことや、事務局を中山泰秀議員の事務所に置き定期的に会合を開催していくこと、今は積極的に安倍再選を応援していくことが決定するとともに、民間側の役員体制をさらに広げていくことが確認されていった。

 

 


《大阪府民の会及び府本部・支部の行事のご案内》

 

■天皇陛下御即位三十年奉祝記念コンサート

  「天皇陛下御即位三十年をお祝いする府民の集い」で演奏された「海道東征浪速」に続いて、本格的な「海道東征」とクラシックを披露、音楽に関心のある方、会社帰りの方、若い方々、積極的にご参加下さい。ご参加ご希望の方は同封の参加申込用紙へご記入の上、FAX 06-6243-1682へご送信下さい。後日、振込用紙を送付致しますので、入金確認後、チケットを送付致します。

 

・日 時 11月29日(木)19時~21時 (18時 開場)
・会 場 いずみホール TEL 06-6944-2828
大阪市中央区城見1-4-70 住友生命OBPプラザビル
・指揮者 山下 一史 氏
・奏 者 日本センチュリー交響楽団
ソプラノA・・・畑田 弘美、ソプラノB・・・松田 昌恵、アルト・・・荒田 祐子
テノール・・・清原 邦仁、バス・・・田中 勉
合唱・・・カレッジ・オペラハウス合唱団(合唱指揮:石原 祐介)
児童合唱・・・大阪すみよし少年少女合唱団
・内 容 第1部  スメタナ/連作交響詩「わが祖国」より“モルダウ”
大栗 裕/「神話」~天の岩屋戸の物語による~
第2部 信時 潔/交声曲「海道東征」
・司 会 宮田 修 氏(元NHKアナウンサー)
・入場料 3,000円(チケット事前購入 要) ※お申込み締切り 11月9日(金)
・主 催 天皇陛下御即位三十年奉祝大阪実行委員会
大阪市中央区久太郎町4丁目渡辺6号 大阪府神社庁内 TEL 06-6245-5741
・後 援 大阪府・大阪市・堺市

 

 

 

■第9回靖國神社参拝ツアー

今回は国会での憲法改正の議論と速やかな国会発議を促すために、来る12月5日(水)に開催される「憲法改正国民投票連絡会議」全国大会(於.東京・砂防会館、14時半~16時半)への参加と併せて下記の要項で行います。ご希望の方は事務局へご一報下さい。

・日 時 12月4日(火)~5日(水)
・集 合 JR新大阪駅 3F中央改札口(8時頃 集合予定)
・行 程 12/4 JR東京駅着→神奈川県又は埼玉県内の神社参拝など → 都内ホテル宿泊
12/5 午前 靖國神社正式参拝 → 午後 国民投票連絡会議全国大会に参加
(砂防会館)→ JR東京駅発 →夕方 JR新大阪駅着(解散)
・参加費 未定(例年と同様位です) ・締切り 11月12日(月)