日本の息吹[大阪版]~ 一人がひとりを!~第211号 平成29年9月号

■安倍首相の「2020年、憲法改正施行」の政治日程発言を踏まえ
国民投票勝利に向けた議員とネットワーク組織をつくり、府内19小選挙区で憲法改正賛同の広がりを!

①各地の地方議員へ憲法改正DVD上映会、女性が集まる「憲法おしゃべりカフェ」の開催をお願いしましょう!

②府内19選挙区をカバーしたネットワーク、地元選出国会議員-地方議員-日本会議各支部(神社界、女性 など)・防衛団体のネットワークをつくっていきましょう!(在住地区で声を挙げましょう!)

③女性の皆さん、自宅や公民館で気軽に「憲法おしゃべりカフェ」(〝 憲活〟)を開きましょう!

 

■キャラバン来阪1日目、府連への表敬訪問と北河内支部での憲法改正推進の集い

 去る7月14日(金)朝、美しい日本の憲法をつくる国民の会全国縦断キャラバン隊が大阪入り。松岡隊長をはじめ5名が大阪府神社庁を訪問、事務局と2日間のスケジュールを打ち合わせ、その後、キャラバン隊での打合せを終え、昼過ぎには衞藤運営委員長、村上女性の会会長、事務局と一緒に自民党大阪府連を表敬訪問、憲法改正推進本部の吉田・髙野両副本部長と稲垣府連事務局長に会った。
推進本部が立ち上がってから初めて府民の会執行部メンバーとしてお願いする場となった。松岡隊長から「ありがとう自衛隊」の声を広めて自衛隊を憲法に明記していく運動と国民投票勝利に向けて小選挙区ごとの議員と民間のネットワークをつくっていく運動方針を説明した。推進本部執行部からは、7月22日に推進本部としての研修会を開催すること、またこれから小選挙区毎に対策を練っていくとの回答であった。こちらからは推進本部と府民の会執行部で定期的に意見交換をする場を開催してほしいとの要望は、了解を頂くことができ、今回がネットワークづくりのスタートになったことは大きな前進となった。
続いて16時よりイオン京橋にある「大北京」で北河内支部総会、キャラバン隊による憲法改正推進の集い、懇親会に臨んだ。地方議員を含む約40名の参加者があり、支部総会では地元がしっかりと資料をまとめていた。
続くキャラバン隊の提案もコンパクトに、安倍首相のメッセージの反響、自衛隊の憲法明記の意義と「ありがとう自衛隊」キャンペーン、小選挙区毎のネットワークつくりの提案と「KAIKENチャンネル」の動画を効果的に上映し、いよいよ憲法改正に向けた明確な道筋が固まってきたことを強く感じさせるものがあった。
積極的な意見交換もあり大いに参考となったし、何より懇親会では参加者一人一人から自己紹介とキャラバン隊の提案に対する感想も出て、「ありがとう自衛隊」の言葉がかなり浸透していることを実感させられた。

 

■キャラバン隊来阪2日目、南河内支部で、選挙区連絡会議と支部総会を開催
~新 南河内支部支部長に西洞院 雄章 氏(極楽寺住職)

去る7月15日(土)、キャラバン隊来阪の第2日目、昼前に会場となる河内長野市にある極楽寺に到着、キャラバン隊と合流し、早速、支部事務局メンバーとともに会場の壇信徒会館で準備
午後1時から国民投票勝利に向けた小選挙区第14・15区の地区連絡会議準備会を開催、地方議員を含めて16名が参加した。選挙区の地区連絡会議の位置付けで会議をするのは大阪府内では初めてとなる。
キャラバン隊の提起と選挙区の組織表(案)を提示して、意見交換・質疑応答を行ったが、国民投票の勝算、反対派が自衛隊を憲法に明記することは戦争につながる主張に対する新たな価値について、防衛協会との連携など真剣な議論がなされたが、予定時間を大幅に超過した熱心な会議になった。
引き続いて15時から、南河内支部の第14回総会を開催、32名の参加者があった。中野支部長の挨拶の後、総会の議事に入り、役員改選では、中野氏が顧問となり、極楽寺住職の西洞院氏が新支部長に就任することになったのをはじめ事務局体制が若い世代に交代することが承認された。西洞院支部長が憲法改正推進を最優先課題とするとともに、美しい日本の伝統文化を次世代に伝えていく事業を確立するために、年間カリキュラムを組み立てる年度にしていきたいと具体的な構想を発表された。
長尾たかし衆議院議員、西野修平府議会議員からの挨拶の後、松岡隊長はじめキャラバン隊メンバーからの力強く、わかり易い提起を拝聴した。
最後に衞藤日本会議大阪運営委員長からの挨拶で無事、総会が終了した。続いて同じ会場で懇親会を行い、参加者、キャラバン隊メンバー各自から自己紹介と意見表明をして頂いたが、たっぷりお互いに意見を聞くこともでき、参加者の交流のできたこともよかったように思う。

 

■自民党大阪府連憲法改正推進本部勉強会に大阪府民の会からオブザーバー参加

去る7月22日(土)、北浜フォーラムで開催された大阪府連憲法改正推進本部勉強会に大阪府民の会推進委員会のメンバー5名も髙野・副本部長のご配慮でオブザーバーとして参加させて頂いた。
推進本部では2月の立ち上げ後、初めての取り組みとなったが、府下の国会議員、地方議員約70名が参加されていた。今までお付き合いのなかった議員の方も多数おられ、夏祭りで議員にとっては日程的に予定が詰まっている中で、これだけの人数が集まったのは、憲法改正に向け、議員の方が熱意を持たれていることの証明であったように思う。
講師は、自民党本部政調会審議役の田村重信氏が「憲法改正と国防について」と題して90分、講演されたが、現在の憲法改正問題の現状がしっかりと整理されていて、出された資料を今後十分に活用できると思った。

 

■親子・護國神社清掃奉仕、27名で草取り作業に勤しむ

去る8月6日(日)朝8時より大阪護國神社境内にて、関係団体、日本会議会員のメンバー27名(うち子供9名を含む)が参加して、親子・清掃奉仕を行った。この行事も13回目を数えるが、丁度、広島に原爆が投下された日でもあり、英霊と原爆で犠牲となった方々への慰霊の気持ちは益々高まったように思う。天気予報によれば今日はこの夏、最も暑い日になるとのことであったが、幸い午前中はまだそれほど気温も上がらずに比較的、作業がはかどった。
ラジオ体操、今日のスケジュールを説明した後に、本殿にて国歌斉唱、黙祷の後に柳澤宮司の先導によって心を込めて参拝をした。
作業は奉安殿前、参集所、慰霊碑、鳥居付近の草取りであったが、参加者全員で黙々と草取りをした。子供さんも親御さんと一緒になって元気にお手伝いをしていた。
熱中症にならないように1時間程して水分補強を兼ねた休憩をとり、続いて1時間作業をしたが、境内に生えていた小さい草も刈り取られ、きれいになり、皆、充実した表情であった。
11時過ぎには作業を終了、別館でおにぎりとお茶、子供さんにはジュース、お菓子を差し入れたが、大変喜ばれた。
参加者の一人は、「護國神社に祀られている人は国の先祖様、少しでも尽すことができて嬉しい、また来年も参加したい」と語られ、今年もこの行事を開催してよかったとしみじみ思った。

 

■読売紙府内版に英霊顕彰の意見広告を掲載

去る8月9日(水)の読売新聞府内版で半4段(H134×189mm)のスペースで関係団体のご協賛を賜り、「若い世代へつなぐ『ありがとう』の心」のキャッチフレーズの広告を掲載した。約81万の購読者が、この広告を目にすることとなるが、反響があることを期待したい。

 

 

 

 

 


《大阪府民の会及び府本部・支部の行事のご案内》

■日本会議大阪女性の会 第16回教育講演会

来年度から「教科化」される道徳教科書の執筆・編集に携わっておられる八木教授が「道徳力」を養うキーワードを分かりやすくお話し下さいます。

・日 時 10月28日(土)開演 14時(開場 13時半) 終了 16時半
・会 場 國民会館 12F大ホール 地下鉄谷町線・京阪「天満橋」駅下車③番出口、大阪城方面、徒歩3分
・内 容 第1部 みんなで遊ぼう(歌って、手遊び)
第2部 八木 秀次 氏(麗澤大学教授) 「考え、議論する道徳」
※親子室があります。予約して下さい。
・参加費 1,000円 先着300名(大学生以下は無料)
◎案内チラシを同封しておりますので、ご活用下さい。
・主 催 日本会議大阪女性の会 TEL 06-6245-5741 FAX 06-6243-1682
携帯 濱野 090-3844-8772
E-mail:forest.country1957@gmail.com

 

■第8回靖國神社参拝ツアー

来たる11月27日(月)に開催される日本会議・日本会議国会議員懇談会設立20周年記念大会への参加と併せて、靖國神社参拝ツアーを行います。憲法改正の国民投票勝利に向けて、府内19選挙区から最低1名を代表として参加して頂くことを目標とします。

・日 時 11月27日(月)~28日(火)
・行 程 27日 JR新大阪出発、靖國神社正式参拝、本部設立20周年記念大会に参加
(14時~・東京プリンスホテル)、横浜市 夕食交流会・宿泊(予定)
28日 海上自衛隊横須賀基地視察、横浜市 買物、他
・参加費 68,000円(日本会議20周年大会参加費含む、予定)
◎概要の案内チラシをダウンロードできます。ご活用下さい。
・主 催 日本会議大阪
・共催 神道政治連盟大阪府本部