■第18回憲法シンポジウム ~若者が語る憲法改正と日本の未来~のご案内

【憲法施行70年、世界大乱の時、待ったなし!】

 英国のEU離脱、トランプ米政権誕生と、今、世界は劇的に変化し、「他国依存」の憲法を見直す声が高まっています。憲法施行70年、憲法改正の国民投票が現実味を増す今、若者も女性も憲法改正の選択が問われています。今回は、基調講演に続き、関係団体の若きホープに憲法の基本的なこと(憲法って何?)、若者らしい憲法の課題や日本の未来を大いに語って頂きます。憲法を考えたいけれどもきっかけがなかった、憲法を知りたい人は是非、ご参加下さい!

●日 時 5月3日(水・休)午後1時半~4時半(開場 12時半から)

●場 所 大阪府神社庁会館5階 TEL 06-6245-5741
     大阪市中央区久太郎町4丁目渡辺6号
  ※地下鉄 中央線・御堂筋線・四つ橋線「本町」駅下車、⑮番出口から徒歩1分、駐車場がありませんので、地下鉄を
      ご利用下さい。

●基調講演  (1時40分~2時40分)
江崎 道朗  氏 (評論家) 
   「トランプ政権が世界と日本を変える」
 昭和37(1962年)、東京都生まれ。九州大学文学部卒業。月刊誌編集長、団体職員、国会議員政策スタッフなどを務め、政治、外交、安全保障の研究に従事。著書に『アメリカ側から見た東京裁判史観の虚妄』(祥伝社新書)、『マスコミが報じないトランプ台頭の秘密』(青林堂)など。

●パネルディスカッション  (2時50分~4時20分)
・司会進行     野村 友昭 氏 (自民党大阪府連青年局長・堺市議会議員)
・コメンテイタ―  江崎 道朗 氏 (同 上)
・パネラー    関係団体の青年メンバー 5~6名位     

●参加費 1,000円 (日本会員の正会員以上の方は無料となります)

●主 催 美しい日本の憲法をつくる大阪府民の会
     大阪市中央区久太郎町4丁目渡辺6号 大阪府神社庁内(担当 丸山)
      TEL 06-6245-5741 FAX 06-6243-1682

◎ご参加ご希望の方は、氏名、住所、連絡先、年齢、所属団体をご記入の上、上記FAXへお申込み下さい。
●後 援 日本会議大阪・関西民間憲法臨調