■憲法記念日に難波 三井住友銀行前で賛同者拡大の署名活動を展開!

 本日5月3日の憲法記念日、美しい日本の憲法をつくる大阪府民の会準備会では午後3時から5時まで第7回憲法改正啓発活動をなんばの三井住友銀行前で行った。この日はいつもなら憲法シンポジウムを開催しているだが、今週9日に行う大阪府民の会設立総会かせあるために敢えて情宣活動に切り替えた流れがある。

 今日も汗ばむ陽気となったが、推進委員会の街頭情宣活動部局と村上会長をはじめとする女性の会役員の他、有志の日本会議会員のメンバー21名が集まり、安全保障、拉致問題を中心とする憲法9条改正の大阪独自で作成としたチラシを夫々300枚の配布、マイクでの情宣活動を展開していった。皆、疲れも見せず精力的に活動を展開して頂いた。

 連休の前半で、絶好の行楽日和、多くの通行人でごった返す中での奮闘となったが、20名を超すメンバーが一斉に難波駅通りを席巻する形となり、雰囲気をつくることができた。

 今日が憲法施行から68年目の節目ということもあり、比較的、人々の関心もあったように思うが、けっこう署名して頂いた。

 メインの横幕が貼っている部分には、国民の会の役員の顔写真入りのパネルも取り付け、できるだけ親近感のあるように工夫もした。

 本日の成果は143名の署名であった。

 終了後、大阪府神社庁で街頭情宣活動部局メンバーで反省会を行った。

 次回は5月23日(土)午後3時~5時・難波高島屋前(小雨決行)です。