日本の息吹 [大阪版] ~ 一人がひとりを! ~  第185号 平成27年5月号

■いよいよ「美しい日本の憲法をつくる大阪府民の会」が設立します!
~憲法改正の正念場、美しい日本の伝統を未来に引き継ぐため、国民の手で切り拓こう!~

田久保忠衛氏

田久保忠衛氏

例年開催している憲法シンポジウムと併せての行事とし、広く府内各層に呼びかけて憲法改正運動の一大推進拠点としていきます。現在、代表委員、運営委員に約100名の方々がご就任、既に憲法改正賛同者拡大運動推進委員会に本会会員のボランティア・スタッフが約30名参加して地道な啓発活動を展開、4月11日(土)開催の第2回準備会を経て、当日の運営の他、1000万人賛同者拡大運動の中で大阪目標の46万人署名について来年3月頃を目途に組織を挙げて、達成していくことを確認しました。賛同者用紙を神社社頭に設置したり、団体行事で呼びかけて頂くなど、少しずつですが署名運動の動きが出てきています。是非、あなたの関係している場でも。
 設立総会を単なるセレモニーに終わらせないよう、各界からの挨拶・提言の部分にアイディアを集中し、参加者一人一人が会に参画して、大阪から憲法改正が必ずできるという展望が広がる内容にしていきます。

・日 時 5月9日(土)午後2時~4時半 (開場 1時)
・会 場 大阪府神社庁会館5階
・内 容 役員並びに運動方針の発表、代表挨拶、各界からのご挨拶、櫻井よしこ・国民の会共
同代表の憲法フォーラムでの挨拶映像上映
・講 演 演題 「憲法改正、最後のチャンスを逃すな!」
     講師 田久保 忠衛 氏(国民の会共同代表・杏林大学名誉教授)
【略歴】昭和8年生まれ。33年に早稲田大学法学部を卒業後、時事通信社に入社。ワシント
ン支局長などを歴任。同社を退社後、杏林大学社会科学部教授を経て、現在、同
大学名誉教授。専門は国際政治学・国際関係論。法学博士。第12回正論大賞。著
書に『憲法改正、最後のチャンスを逃すな!』『激流世界に生きて』など。
・参加費 1,000円(今回は会員の特典はありません)
・主 催 「美しい日本の憲法をつくる大阪府民の会」準備会 TEL 06-6245-5741

 なお、「大阪府民の会」設立後に会員の皆様に賛同者用紙と返信用封書を送付致しますので、更に署名活動へのご協力をお願い致します。
啓発活動の推進(啓蒙用チラシの印刷費、署名用資料の発送費がかさみます。)のために引き続きカンパを受付けておりますので、下記の口座番号、加入者名に郵便局備え付けの振込用紙(青色)をご活用の上、ご協力下さい。今回から振替口座が「美しい日本の憲法をつくる大阪府民の会」専用となります。
※個  人      1口 2,000円(1口以上)
※法人・団体・企業  1口 5,000円(1口以上)
☆口座番号 00940-8- 274903 ☆加入者名 美しい日本の憲法をつくる大阪府民の会

賛同者拡大運動の要項
 【大阪目標】46万人(全国1,000万人)
 【当面目標】15万人
 【第2次締切】平成27年5月~6月30日迄[最終締切は28年3月末日]
 【対象者】高校生以上

◎振込受領書をもって領収証に代えさせて頂きます
 ※賛同者用紙、解説リーフレット、カンパ用の振込用紙がお入り用の方は
「大阪府民の会」準備会事務局 TEL 06-6245-5741 (担当 丸山)まで

■「美しい日本の憲法をつくる大阪府民の会」準備会の第1回準備会に27名の役員が集まり、熱心に協議!

熱心な協議が行われた

熱心な協議が行われた

 去る3月14日(土)午後、「美しい日本の憲法をつくる大阪府民の会」準備会の第1回準備会が大阪府神社庁会館が開催され、代表発起人、関係団体代表、日本会議大阪の各支部代表、女性の会代表、推進委員会各部局の担当者27名が集まり、熱心に協議した。
議題としては、これまでの経過報告、「設立総会」の要項の確認、活動方針案及び会則案の検討、役員体制と組織図、今後のスケジュールの確認、1000万人賛同者拡大運動のうち大阪目標46万をいかに達成するかの協議、財務についてであった。
本部からは多久・組織本部長にお越し頂き、賛同者拡大運動の意義と推進、スケジュールの確認、全国各地の拡大戦略の情況や女性賛同者拡大の重要性など詳細に提案頂いた。
 目標1000万人賛同者のうち、大阪は46万という大きな数字であるが、この目標達成するために役員からは積極的に建設的な意見が出された。
とくに名簿が拡大していくと、ダブることも予想されるが、しっかりと集計する手段を考えていくこと、既に用紙をたくさん頂いているが、配布された櫻井・共同代表のDVDを利用しながら、所属している団体で2万は集める見込みがあること、賛同者を呼びかける紹介者の拡大が重要であること、大阪は自民だけでなく、維新の会の議員の後援者にも積極的に働きかけをしていけば潜在的には賛同者が拡大できること、これまでも自民と維新の支援者が共同で憲法講演会を開催できた例もあり、成功例を出してどんどん維新にも働きかけをしていくこと、街頭啓発が大切であること、アピールの仕方や役員の人選など様々なアイディアを寄せてほしいとの推進委員会の担当者からのお願いなど、目標達成に向けて具体的な発言が出された。
 議論が進むにつれて、46万という数字が途方もない数ではなく、実現可能な数字であることが共有され、改正のためにはやらなければならない数字であることが共有されていった。
 課題は多いが、参加した役員各自が責任意識をもって頂いたことは大きな意味のある会議となった。
 会議終了後は、用意していたリーフレット、賛同者用紙もなくなる程で、大いに刺激を受けた内容となった。
■会員が率先して行う運動に転換した第6回憲法改正実現の啓発運動

署名する人と語り合う

署名する人と語り合う

 去る3月28日(土)の午後、桜の花が所々、開花する穏やかな春日和の中、「大阪府民の会」準備会の推進委員会では、難波高島屋前で、第6回の憲法改正実現の啓発活動を行った。
 情宣の前には、神社庁でまずポスティング実施部局のメンバーが、岡島部長、坂上副部長を中心に6名が集まり、ポスティングのノウハウや課題などを検討、本格的なポスティングは5月に入ってからすることとし、まずは一人100枚のチラシ(情宣活動に配布したもの)を配布することを確認した。経験したことのある人、初めて経験する人などがそれぞれわからないことを意見交換したが、皆、和気藹々の雰囲気とともに前向きな積極的意見が出ていた。
 少し遅れて街頭情宣活動部局のメンバーが平尾部長、玉岡副支部長をはじめ6名が集まり、署名版にラミネート加工をした垂れ幕を貼りつける作業を行うとともに、今日の配布チラシ(本部から提供された憲法9条改正の内容)の内容の確認、各自で学習してきたポイントの意見交換を行った。
 なんといっても各部局の担当者に自覚があり、会議も部長がきちんと案内を出して、会の進行もスムーズに進めていて、多くの会員メンバーが立ち上がることが憲法改正運動の盛り上がりの下支えになることを痛感した。
 その後、難波高島屋に移動、街頭情宣活動部局、ポスティング実施部局のメンバーの他に集会・上映会、インターネット広報部局のメンバーや会員も参加して、総勢27名でチラシ配布、署名活動、マイク情宣を2時間に亙って行った。過去最大の規模での啓発活動となった。
 高島屋前はサンバイザーを被ったメンバーが立ち並び、これだけでもアピール度はあったが、それに加えて、櫻井よしこ・共同代表の顔写真入りの幟や垂れ幕を見て、同氏がやっている団体であれば考えは同じということで署名してくれた人もいた。
 情宣活動中に、反対意見を持つ人もいたが、平尾部長が対応したメンバーに付いてくれたので、活動そのものは整然としていた。花見の通行人など、いつもの土曜日に比べて人通りは多かったが、多くのメンバーがいたおかけで、堂々と啓発活動ができたのではないかと思う。
 マイク情宣も一人一人、原稿などを作っていて工夫が見られたが、あとは場数をこなしていけば大丈夫だと思った。用意していたチラシ700枚は全てはけ、署名数は127筆、これまでの活動ではかなり好調であった。
 情宣後、街頭情宣活動部局メンバーで神社庁に備品を持ち帰った後、反省会を開催、国民の会代表委員の顔写真をいれたパネルを作ること、国民投票自体についても知らない人が多かったので、次回は国民投票についても訴えていくこと、憲法改正は「メイドインジャパン」であることを強くアピールしたらどうかなど、いろいろなアイディアが出された。街頭啓発活動を長く維持するためにも皆で充実感をもって楽しくやっていくことが確認されていった。
 次回の街頭啓発活動は5月3日の憲法記念日、午後3時から5時まで難波高島屋前で行うことを決定した(例年、開催されている憲法シンポジウムは、今回、5月9日(土)の「府民の会」設立総会に合流するため、予定していません)。

《府本部・支部及び他行事のご案内》
■第7回 憲法改正を実現する街頭啓活動
※当日は憲法記念日であり、マスコミの注目度も高くなります。積極的にご参加下さい。例年の憲法シンポジウムは「大阪府民の会」設立総会に合わせますので、今回は行いません。

・日 時 5月3日(日)午後3時~5時(小雨決行)
・場 所 難波 高島屋前
・内 容 チラシ配布、マイクによる情宣活動、署名活動
     ※大阪独自のチラシを作成するとともに、櫻井よしこ、他の代表役員のポスターなど
も使用し、憲法改正を府民に親しみやすく訴えかけをする予定です。
・主 催 「美しい日本の憲法をつくる大阪府民の会」準備会 賛同者拡大運動推進委員会
(街頭情宣活動担当部局 平尾 TEL 06-6245-5741)

■日本会議大阪 平成27年度総会
・日 時 6月6日(土)午後2時~4時半
・会 場 大阪府神社庁会館5階
・内 容 活動報告、予算・決算報告、運動方針発表、各界からのご挨拶、今後の予定案内
・講 演 演題「終戦70年、日本の自立と憲法改正~中韓に挑まれる歴史戦をどう勝ち抜くか」
     講師 渡辺 利夫 氏(拓 殖大学総長・「国民の会」代表発起人)
  略歴 昭和14年生まれ。慶應義塾大経済学部卒業。経済学博士。専門は開発経済学、アジ
ア経済。拓殖大学教授、同学長を歴任。著書に「開発経済学」「アジアを救った近代日
本史講義」「新 脱亜論」「国家覚醒」など多数。「日本の息吹」今年1月号に対談で掲
載。
・参加費 1,000円(正会員以上は無料です)
・主 催 日本会議大阪 TEL 06-6245-5741

■美しい日本の憲法をつくる国民の会 全国縦断キャラバン来阪 
憲法改正実現に向けた推進集会
 今回のキャラバン行事では、国民投票で憲法改正賛同の鍵を握る女性の皆さんにも多く参加して頂きます。自民党、維新の女性局を通じて、ご案内して頂きます。

・日 時 7月7日(火)午後2時~4時半 
その後、街頭情宣活動を難波高島屋前で実施、自民党青年局メンバーが合流する予定。
・会 場 大阪府神社庁会館5階
・内 容 キャラバン隊からの提起(女性の目線から憲法が気軽に話題になることも取り上げま
す。)
・参加費 1,000円(正会員以上は無料です)
・主 催 美しい日本の憲法をつくる大阪府民の会 TEL 06-6245-5741