■内宮遷御の儀の後、2回目の御垣内参拝~第59回伊勢神宮新穀感謝祭に参列して~

 一昨日12月3日(火)は早朝から第59回伊勢神宮新穀感謝祭に参列するために敬神婦人会を中心とする神社関係者との皆さん約120名に帯同し、上本町から近鉄に乗って宇治山田、そしてバスで内宮へ参拝に向かった。幸いにも朝から温かく、絶好の陽気であった。

 
 小生にとっては10月中旬に遷御の儀が滞りなく終わった内宮を再び、参拝する機会に恵まれたわけであり、役得であるものの、ありがたい機会に恵まれた。

内宮への参道

内宮への参道

 今回は駅から内宮に行くまでの通りの両側が鮮やかな紅葉となっていて、目を楽しませてくれた。

正宮前の様子

正宮前の様子

 神宮の式年遷宮の高まりはずっと続いており、この日ももちろん全国各地から神社関係者関係の団体としての参拝者は多いとは言え、それ以外の参拝者も列が切れずに続いていて、日本人の信仰心の篤さを感じた。とくにご正宮前はごった返していて、御垣内参拝の時も間違えてこちらの団体に入りそうな方々もいた。

 新宮は遷御の儀が終わり、ようやく落ち着きをとり戻したような雰囲気であったが、目にまばゆい輝きは、一層に輝きわたり、天照大御神様の御稜威を体一杯に感じることができた。
 内宮神楽殿の御神楽が倭姫舞で、今回初めて、その優雅な舞を見ることができた。

 何回も何回も、神宮に参拝し、自らの原点、志、神様に奉告することのできる自分でありたいと再確認し、再び元気を与えられて帰阪したのだった。