■慰安婦像設置、グレンデール市議に韓国側の主張が浸透

 東大阪市議会議員が、慰安婦像問題でグレンデール市議会に乗り込んで、抗議
をした積極的行動は大いに評価したい。

 しかし対応した市議会議員達は韓国系米国人ロビーに完全に洗脳されるととも
に、設置に反対した市
長に対しても批判しており、ホームページに記載されている内容に「東大阪市は
無関係」と分かるように
すると表明したとのことである。

 予想以上に周到に地元議員達を洗脳している韓国ロビーこそ問題であり、外務
省、駐米日本大使館の
今後の働きかけこそ重要である。

●米慰安婦像 東大阪市議、設置に抗議 グレンデール側、主張譲らず
 [産経ニュース 2013.11.17 10:47より抜粋]

 【ロサンゼルス=中村将】今年7月、韓国以外で初めて「慰安婦」像が設置さ
れた米カリフォルニア州グレンデール市と姉妹都市提携している大 阪府東大阪
市の樽本丞史(たるもと・じょうじ)市議(45)=自民党=が15日、グレン
デール市庁舎で同市の市議らと面会し像設置に抗議し た。グレンデール市議ら
は韓国の主張に沿った歴史認識を重ねて示したという。

 グレンデール市議は計5人。このうち1人が1年ごとに市長を務めている。慰
安婦像設置の採決には、ウィーバー市長を除く4人の市議が賛成し ており、樽
本氏は同日、賛成派の市議2人や市幹部らと面会した。

 関係者によると、樽本氏は、慰安婦像は一方的な情報を受けて設置された▽こ
の問題は国際的な問題で地方行政が関わるべき問題ではない▽像の 維持費は姉妹
都市などが負担するとしているが、東大阪市は一切同意していない-などといっ
た内容の抗議文を示した。

 グレンデール市議側は像維持費に東大阪市が同意していないということを受け
入れ、ホームページに記載されている内容に「東大阪市は無関係」 と分かるよ
うにすると表明したという。

 しかし像設置が決まった当時、市長だったクィンテロ市議は「南京大虐殺」な
どといった言葉を使って日本の戦争責任に言及するなど、韓国側の 主張に沿っ
た認識を繰り返したという。

●米慰安婦像 韓国側の意向浸透、強まる市長批判
 [産経ニュース 2013.11.17 10:49より抜粋]

 グレンデール市議会では、「慰安婦」像の設置に反対したウィーバー市長への
非難が強まっている。

 慰安婦像設置に関する議題が取り上げられた今月5日の市議会。「正しい歴史
を認識し、戦争犯罪の被害を経験した女性を尊重する議員の みなさんに感謝の
気持ちでいっぱいだ」。発言を許された韓国系市民とみられる男性はそう言っ
て、続けた。「最近、市長のオフィスや日本の メディアから、市議会が誤った
ことをしたような混乱したメッセージが発せられている」

 ウィーバー市長がメディアに対し、「像設置は間違っていた」などと発言した
ことを問題視したものだ。

 「ウィーバー市長は戦争の悲劇をちゃんと勉強されていないようなので、書類
を準備した」と言って、ノートを手に発言する別の男性もい た。

 「韓国コミュニティーに感謝している。この像が市にあることを誇りに思う。
戦争の被害者のためにも、歴史を教えることは大切だ」(フ リードマン市議)
や「コミュニティーとともに真実と歴史的な公正を守る。日本も同じようにし
て、謝ってほしい」(シナンヤン市議)といっ た発言をみれば、市議会に韓国
側の意向がどれほど浸透しているかが分かる。「慰安婦像が設置されてから子供
の通う学校はぎくしゃくした空 気が漂っている」と話す近隣地区の日本人生徒
の母親もいる。

 「それまでは仲が良かったグループでも日本系と韓国系に分かれてしまった。
韓国系の生徒が竹島のことを『韓国領だ』と突然主張しだし たらしいのです
が、日本系は黙っているようです」と心配そうに語った。(中村将)