■皇室の伝統を守り、尖閣・沖縄防衛と憲法改正に向けた府民集会のご案内

 ~日本会議全国縦断キャラバン隊の来阪~

 来週30日、全国縦断キャラバン隊が来阪する。その要項は、下記の通りである。平日ではあるが是非、多くの皆さんのご参加をお願い致します!

 今回はとくに尖閣・沖縄防衛に向けて、日米同盟の絆を強めて基地問題の解決のために、また沖縄県だけの問題ではなく、日米同盟を基軸とした日本全体の安全保障問題として「普天間基地の危険性除去」「基地負担の軽減」を訴える地方議員への署名へのご協力と、この運動へのカンパのお願いを訴えていくことと、憲法96条改正問題からの憲法改正の世論を高めていくことにある。

 基地問題というと、全国的には何故かピンとこない場合が多いが、実は沖縄と大阪の関係は密接である。
参院選前に維新の会から提起されたオスプレイの八尾飛行場への配備問題については、敷地の広さや格納場所がないことなど、異論も多いものの、防衛省が調査を行ったとのことであるが、地元の田中市長は八尾市に何の相談もなかったことから反対の姿勢を強めている。維新の会が選挙目当てで耳目の入りやすいテーマを取り上げたと批判するマスコミが多いが、しかし、基地問題を他の自治体が引き受けようとする提起はインパクトがあったし、府民もこれは他人事ではないというも意識を持ったのではないか。
また、府内では大正区のように沖縄県民が移動してきたり、ご当地のお店多く、県人会もつくっていると聞く。
 更には沖縄戦に当たって最後まで県民を守りとおそうされた島田知事がその前任地が大阪であった事実も少しずつも府民には浸透している。

 その意味では沖縄と大阪の繋がりは深く、その沖縄が今、どのような状況に置かれているのか、どのように国民として関わっていったらよいのかを考える下地があることを認識したい。
尖閣・沖縄、憲法改正といずれもが歴史問題に直結したものであるが、身近に捉えることができる段階となれば国民世論の高まりは予想より早いのではないか。

●日 時  平成25年8月30日(金)午後2時~4時 (開場1時半)
●場 所 大阪府神社庁会館5階 TEL 06-6245-5741
      大阪市中央区久太郎町4丁目渡辺6号 地下鉄御堂筋・中央線「本町」駅下車⑮番出口から徒歩すぐ
      ◎駐車場がありませんので、車でのご参加はご遠慮下さい。
●各界からのご挨拶
●報告と提案
      日本会議全国縦断キャラバン・西日本A隊より
      (西日本A隊は、8月24日~9月6日まで北陸、近畿、中国、四国地区を回っており、近畿以外の国民運動の参考となる情報も
       聞くことができます。)
●資料代 1,000円
(正会員以上の方は無料です。この機会に是非、正会員にご入会下さい)

※街頭署名のご案内 ※万一、雨天の場合には中止となる場合もありますので、事務局へご連絡下さい。
 キャラバン隊メンバーと街頭署名活動を展開致します。
   ・午後5時~6時    難波高島屋前
●主 催 日本会議大阪 (TEL 06-6245-5741 FAX 06-6243-1682)
     〒541-0056 大阪市中央区久太郎町4丁目渡辺6号 大阪府神社庁内(担当 丸山)
◎集会にご出席の方は8月28日(水)までに日本会議大阪事務局へご一報下さい。