■本日8月1日、読売新聞朝刊に英霊顕彰の意見広告が掲載

 8月15日を控えて、日本会議大阪では、近畿の各府県護国神社、英霊にこたえる会、関係団体、日本会議各府県本部に働きかけて、本日、英霊顕彰の意見広告を掲載致しました。まだご覧になられていない方は是非、ご確認下さい。ご協力頂いた関係団体の皆様、会員の皆様には心より感謝申し上げます。

 キャッチコピーは「国の為に捧げた人々。いつまでも。『ありがとう』と、つたえたい。八月十五日は終戦記念日。各府県の護国神社へ。」となっており、英霊の御霊とあとに残された方々に、永遠に感謝の心を続けて持ち、8月15日には護国神社に参拝していこうとの気持ちを、表現しようとしました。

 一人でも多くの皆様の目に触れて頂き、あらためて意識を持って頂ければと思います。

掲載された意見広告はこちらをご確認ください。