■「天皇陛下のお誕生日をお祝いする府民の集い」に300名結集!

天皇陛下のお誕生日をお祝いする府民の集い

~田尾 憲男氏の記念講演と来夏目途に「皇室の伝統を守る大阪府民の会」設立することを宣言~

昨23日の天皇誕生日に日本会議大阪では、大阪府神社庁会館において「天皇陛
下のお誕生日をお祝いする府民の集い」を開催、2名の国会議員(うち本人1
名)、7名の地方議員をはじめ、関係団体、日本会議会員、一般府民、約300名
が参加、会場満杯になる中で、天皇陛下79歳のお誕生日を盛大にお祝いした。こ
こ数年のこの日の行事としては、参加者が多かった。

今回は、政府が行った「女性宮家」創設についての「論点整理」に対するパブ
リックコメントの結果が発表され、26万件の意見公募のうち、多数が「女性宮
家」創設に反対、尊称案に賛成、そもそも皇位継承と切り離した「女性宮家」創
設論議そのものに反対する意見がほとんどであったことや、総選挙で自民党勝利
の結果、「女性宮家」創設に反対の立場をとる安倍自民党総裁が政権につく可能
性が高くなる中での開催となったが、改めて万世一系の皇室の伝統を守ることの
大切さを強く自覚することのできる熱気のこもった雰囲気となった。

第1部の奉祝式典では国歌斉唱に続いて、衞藤・日本会議大阪運営委員長から
の挨拶、来賓紹介に続き、来年の夏頃を目途に設立する予定の「皇室の伝統を守
る大阪府民の会」設立準備委員長の寺井・大阪府神社庁長から「女性宮家」創設
論議を起こそうとしてきた政府の動きに対する国民運動の動きを紹介され、ひと
まずは議論が棚上げになっても、皇室典範準備室が存在していることを注視する
とともに、旧宮家の皇籍取得こそが皇位継承の安定につながることを強調され、
皇室の伝統を積極的に啓発するために、立派な組織を設立していく旨が確認され
ていった。

続いて、先の総選挙で当選された中山泰秀・衆議院議員の挨拶、髙野・地方議
員懇談会会長の挨拶の後、「天長節」の歌を全員で唱和、橋本・運営委員の先導
で聖寿万歳を心から天皇陛下のお誕生日をお祝いするとともに、感謝の誠を捧げ
る万歳を声高らかに上げることができ、非常に晴れやかな空気となった。

第2部の記念講演では、神道政治連盟 首席政策委員・日本会議常任理事の田
尾 憲男氏が『万世一系の皇統の伝統を守るために~「旧宮家」のご存在と「女
性宮家」問題について~』と題して講演されたが、そもそも「女性宮家」という
言葉は用語として存在せず、マスコミなどで作った言葉であること、政府が皇位
継承について憲法第1章や皇室典範の条文から導き出される男系男子孫の継承で
あることを解釈上、捻じ曲げようとしてきたことを指摘され、何故、「女性宮
家」の継承ではなく、男系継承でなければならないのかを祭祀や伝統の観点から
詳細、且つわかりやすくお話をされた。

そして今後はもともとは皇族であった旧宮家の皇籍の取得に向けて啓発してい
くことがいかに大事であるのかを訴えられた。お話のポイントをレジュメとして
まとめておられ、いろいろなところで活用してもらいたいとのことであった。

安倍政権ができたからといって安心せず、皇位継承問題について国民運動から
の一層の働きかけが必要であることを実感した。

その後、事務局から今後の予定について案内をし、熱気は最後まで覚めなかった。

恒例の皇室カレンダーや昭和天皇御製カレンダーもかなり販売することがで
き、参加者はこの行事に参加すれば皇室関係の資料は入手できるという認識が定
着したことも嬉しかった。

この行事をもって本会の年内の行事は終了するが、年内、あとはできるだけ多
くの方に会員にお入り頂きたいと働きかけをする予定。