■維新公約の国会議員団原案、外国軍の国内駐留全廃は現実的か

  日本維新の会の国会議員団がまとめた次期衆院選公約の原案が25日わかった
が、それによれば、2045年を目標に外国軍の国内駐留を全廃することを掲げると
いう。外国軍は在日米軍を指すことになるから、結局、わが国の自主独立体制が
できるがどうかを問うことなく、米軍に出ていってもらうという、実に現実を無
視した、極端に言えば共産党と同じ主張になっている。大変、恐ろしい原案であ
り、こんな内容が機関決定すれば国民の多くは支持することはないであろう。

 報道によれば橋下代表は「全然違う。表現の出し方も拙く、慎重に考えないと
いけない」として、国会議員団との間で大きな隔たりがあるとの認識を示してい
るという。

 維新八策では外交・防衛については、「日本の主権と領土を自力で守る防衛力
と政策の整備」及び「日米同盟を基軸とし、自由と民主主義を守る国々との連携
を強化」すると掲げており、維新の会が自主防衛をどのようにするのかをより明
確に示すことが必要であり、およそ国会議員団は維新八策を本当に理解している
のか、疑念を持たざるを得なく、不安である。