■中国現役少将が「第3段階」突入も辞さずと、意見表明

 このところの中国各地での抗日デモ、反日でもはかなり激しく、これまで約20
都市で約7万人がデモに参加するという大規模なものに発展している。日本人ま
でに危害を与えているわけであるから、尋常のものではない。

 現役将校が「第3段階」に突入したとの発言も見逃すことができない。いよい
よ中国は本気になって尖閣を奪取することを国を挙げて行うことを宣言したと
言ってよい。

●人民解放軍将校10人 「第3段階」突入も辞さず
2012.9.14 21:24 [尖閣諸島問題]
 【北京=川越一】中国人民解放軍の現役少将を含む将校10人が中国紙上で意
見表明し、沖縄県・尖閣諸島周辺海域への海洋監視船派遣を日本政府による国有
化に対する対抗措置の「第2段階」と位置づけ、武力行使を意味する「第3段
階」も辞さない姿勢を示した。

 将校の意見を掲載したのは13日付の国際情報紙、環球時報。尖閣諸島の軍事
演習区化を提案するなど、タカ派で知られる羅援少将は「武力解決の機は熟して
いない」としつつも、「戦略的力量が十分に積み重ねられるのを待ち、最終的に
島を奪う」と訴えた。

 元軍事法院副院長の黄林異少将は「外交交渉で解決できないのなら、小規模の
軍事衝突も発生し得る」と予測した。元南海艦隊政治委員の趙英富中将は「われ
われは暴発を恐れない。国家を強大にし、頑強な国防を後ろ盾にすることが釣魚
島問題の最終的解決の基礎となる」と主張した。

 中国軍縮協会理事の徐光裕少将は「日本は軍事衝突が起これば米国が助けてく
れると思っているが、それは願いにすぎない」と一蹴。「米国の日本を守る意欲
は低い。米国も中国と正面からぶつかる危険は冒せない」とした。