■物部守屋公 墓前祭に参列

 昨日6月10日(日)午後、物部守屋公墓前祭が大阪府神社庁委嘱で神社庁第六
6支部の神職さんの奉仕で八尾市太子堂の守屋公墓前で斎行、小生も参列させて
頂いた。参列者は、第6支部の神職さん、敬神婦人会、総代会、企業関係の他、
全国で物部氏と縁のある神社の方々など約100名程である。長尾・衆議院議員、
田中・八尾市長も参列された。しめやかなお祭りは進み、こんな身近に偉人は鎮
まっている厳粛な事実こそ、多くの人々に伝えていかねばならないことを再認識
した。

 守屋公は、父、物部尾輿公の志を継承し、神祇国体護持のために蘇我氏と戦い
を繰り広げ、一命を捧げられた方であり、神社界にとっても、本来であれば日本
国民にとっても神道を守り通して来られた大切な先人である。

 今年で守屋公が亡くなられて1425年が経つこと、そしてこの墓前祭が斎行され
てから、既に今年で25年目になるとのことである。

 八尾市長の参列もあり、行政と一体となった物部氏の精神を伝えていく手立て
もこれから是非、展開していくことができればと願うのみである。