■前進がある会議の開催

 昨日6月4日の午後、和歌山市で日本会議近畿ブロック理事会に参加、
そして本日5日の午後は、日本会議大阪の運営委員会を神社庁会館で開催、
連日、会議が行われており、その間に総会の準備を進めるとともに、神政連の業
務もあり、正直なところ、空いている時間がないのが実情である。

 ただ、昨日の会議では、9月30日(日)の午後に大阪市内のエル・大阪 エル
シアターで近畿ブロック大会を開催することが決定、時局講演会と一緒に兼ね
て、対社会的に「日本会議」の名前を広めていくとともに、日本会議近畿ブロッ
ク総体となって、行事を開催することが決定したことはよかった。

 これまで懸案となっていたブロック大会を漸く行う運びになったことは国民運
動の永続化のための前進でもある。

 また本日の運営委員会では運営委員、事務局20名が集まって、6月9日に開催
する総会に当たって、昨年度の決算、今年の予算案を承認して頂き、ちょっと安
心したところである。

 話が変わって、内閣改造に伴い、森本敏氏が防衛大臣となったが、少なくとも
安全保障についてどのように変わるのか、あるいは変わらないのか、大いに注視
している。領土領海を守るかじ取りは果たしてできるのか、否や。しっかりと見
据えていきたい。